技能検定試験

 技能検定制度は、働く人々等の持っている技能や知識を一定の基準により検定し、これを公証する国家検定制度です。
 昭和34年に5職種について実施されて以来、現在では128職種について前期と後期に分けて、特級・1級・単一等級・2級・3級の等級別に試験が行われています。
 このうち、本県では毎年約70職種を実施公示し、実技試験及び学科試験を実施しています。
 合格者には、厚生労働大臣(特級・1級・単一等級)又は青森県知事(2級・3級)から合格証書が交付され、「技能士」の称号が付与されます。
 また、外国人実習生を対象とした基礎級の技能検定試験を実施しています。


※技能検定制度の詳細については・・・中央職業能力開発協会ホームページへ


写真:技能検定試験2 写真:技能検定試験1



技能検定実施のお知らせ

  平成30年度技能検定試験実施のお知らせ
(前期・後期日程、実施職種を掲載)
 
  平成30年度前期技能検定受検案内書
 ※受検申請手続き方法、受検手数料、受検資格等を掲載しています。

  New 平成30年度後期技能検定受検案内書
※受検申請手続き方法、受検手数料、受検資格等を掲載しています。
 
    技能検定実技試験の各種試験の名称が変わりましたので、ご留意願います!


実技試験計画立案等作業試験(旧ペーパーテスト)、
学科試験の正解について

 前期、後期ともに最新年度の正解が、中央職業能力開発協会ホームページ内で公表されています。こちら







Copyright(C) Aomori Vocational Ability Development Association. All rights reserved.