平成28年度のものづくりマイスターによる指導がスタート!

 平成28年5月23日(月)、青森県立柏木農業高等学校において、造園職種のものづくりマイスター 三浦 利吏 氏[弘前市:(有)三浦造園 代表取締役]による指導を実施し、今年度のものづくりマイスターによる指導がスタートしました。
 当日は、同校環境工学科3年生9名が受講し、「造園空間デザイン:石組み」について指導を受け、デザイン画の作成や日本庭園における石組みの基本的な留意点等について学びました。
 次回は、実際に図面に基づき、同校敷地内で石組みの作業等を行い、今後4回の指導で庭園を完成させる予定です。
 なお、現時点で今年度の本県ものづくりマイスターによる指導は、県内の工業高校、農業高校において、32回の実施を計画しています。


Copyright(C) Aomori Vocational Ability Development Association. All rights reserved.