ものづくりマイスターによるタイル張りの実技指導を初実施

 平成29年6月19日(月)、青森県立青森工業高等学校において、定時制工業技術科1年の生徒を対象にタイル張りの実技指導を行いました。
 ものづくりマイスターによるタイル張りの実技指導は、県内では初めての実施となりましたが、講師の前田啓吏氏、木村稔氏のほか、青森市タイル組合の組合員の皆さんが講師補佐を務め、講義、タイル張り体験等が行われました。
 はじめに、タイルの歴史、他素材と比較したタイルの特徴と利点、タイルを活用した歴史的建造物の紹介などの説明を行った後、タイル張り作業のデモンストレーションを経て、生徒によるタイル張り作業の体験を行いました。
 ベニヤ板の壁面上部は東京駅の外壁を想定した小口タイル張り、壁面下部は同校トイレで使用されている100角タイル張りについて作業をしてもらい、生徒の皆さんは、墨出し、くし目ゴテによる接着剤塗り、タイル張りの各工程を講師及び講師補佐の指導を受けながら熱心に作業を進めていました。 
 なお、今回のものづくりマイスターによる指導の趣旨に賛同し、資材をご提供いただきました境建材株式会社 専務取締役 村木裕俊 様、株式会社LIXIL 岩手営業課長 鈴木英人 様のご支援、ご協力に深く感謝申し上げます。


 

 

 



Copyright(C) Aomori Vocational Ability Development Association. All rights reserved.