第16回若年者ものづくり競技大会:ロボットソフト組込み職種で敢闘賞を受賞!

第16回若年者ものづくり競技大会は、8月4日(水)・5日(木)の日程で、愛媛県松山市「アイテムえひめ」、「愛媛県武道館」などを競技会場に開催され、全国から15職種に330名の選手が参加し、ものづくり技能を競いました。

昨年度は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止となったため、大会は2年ぶりの開催となり、競技は無観客で行われました。

本県からは、下記のとおり2校から3職種に4名の選手が参加し、ロボットソフト組込み職種で、成田 龍(なりたろん)選手、萢 亮輔(やち りょうすけ)選手(青森県立弘前工業高等学校)が、見事、敢闘賞を受賞しました!

本県選手

職種 選手名 所属校
ロボットソフト組込み
(※2名1チームで競技)
成田 龍(なりた ろん)
萢 亮輔(やち りょうすけ)
青森県立弘前工業高等学校
情報技術科3年
ITネットワークシステム管理 唐牛 桜河(かろうじ おうが) 青森県立弘前工業高等学校
情報技術科3年
建築大工 平井 叶夢(ひらい かなむ) 青森県立むつ高等技術専門校
木造建築科2年

 

敢闘賞受賞!

萢 亮輔さん(左)、成田 龍さん(右)

本県選手の競技の様子

ロボットソフト組込み

ITネットワークシステム管理

建築大工