外国人技能実習生等向け技能検定試験

受検申請から受検及び合格発表に至るまでの流れ

1)技能実習計画の作成

実習内容は、技能検定試験合格に必要な技能が修得されるものとする必要があります。

過去の試験問題を参考に、どのような技能検定試験が行われるか、あらかじめ確認し、技能実習計画を作成願います。

担当:監理団体

2)外国人技能実習機構『受検手続支援サイト』への入力

技能実習計画の認定を受けた後、外国人技能実習機構『受検手続支援サイト』にデータを入力願います。

受検希望期間の入力に当たっては、実習実施者に必ず確認をお願いします。

※『外国人建設就労者受入事業及び外国人造船就労者受入事業』については所定の申請方法で申請をして下さい。

担当:監理団体

3)試験日時の調整

『受検手続支援サイト』で承認された後、試験日時の調整を行います。

担当:監理団体、当協会

4)受検申請

受検日1か月前(期限厳守)までに、当協会へ受検申請をお願いします。

※受検申請書等については、試験日時を調整する際のE-mailに添付いたします。

提出書類等

  • 受検申請書(当協会の様式)
  • 受検手数料(下記参照)
  • パスポートの写真ページと在留カードの写し
  • 過去、試験に合格された方の合格証明書類

※随時3級受検申請時は基礎級の合格証書

※随時2級受検申請時は随時3級の合格証書の写し

※免除資格を有する書類として、実技試験又は学科試験の一部合格通知書の写し

担当:監理団体

5)受検票、実技試験問題等の送付

受検申請後、2週間程度で監理団体へ受検票及び実技試験問題を送付いたしますので、実習実施者及び受検者への周知をお願いします。

【注意】職種によっては、実技試験問題内容が変更となっている場合が有りますので、必ず確認をお願いします。

    実技試験問題の内容を十分に確認せず、前年度の試験問題で練習を行っていたケースも発生しています。

担当:当協会

6)実技試験・学科試験の準備

試験に必要な会場及び設備・資材などは、原則、監理団体又は実習実施者に準備していただきます。

実技試験問題送付の際に『実施要領』を同封いたしますので、ご確認願います。

担当:監理団体及び実習実施者

7)試験の実施

当日は、当協会職員及び技能検定委員が立会い、試験を行います。

担当:当協会

8)試験結果通知

試験験終了後、2週間程度で外国人技能実習機構の受検手続支援サイトにて合否の発表を行います。

なお、実技試験・学科試験の両方を合格された方(免除を含む)には、後日、青森県庁労政・能力開発課より合格証書が交付されます。

また、実技試験・学科試験のいずれかを合格した方には、当協会より実技・学科試験の一部合格通知書が交付されます。

担当:青森県庁労政・能力開発課、当協会

 

 

受検手数料

実技試験受検手数料

18,200円の職種

園芸装飾、造園、さく井、金属溶解、鋳造、鍛造、金属熱処理、粉末冶金、機械加工、放電加工、金型製作、金属プレス加工、鉄工、建築板金、工場板金、めつき、アルミニウム陽極酸化処理、溶射、金属ばね製造、ロープ加工、仕上げ、切削工具研削、ダイカスト、電子回路接続、電子機器組立て、電気機器組立て、半導体製品製造、プリント配線板製造、自動販売機調整、産業車両整備、鉄道車両製造・整備、時計修理、光学機器製造、内燃機関組立て、空気圧装置組立て、油圧装置調整、縫製機械整備、建設機械整備、農業機械整備、冷凍空気調和機器施工、染色、ニット製品製造、紳士服製造、寝具製作、帆布製品製造、布はく縫製、機械木工、家具製作、建具製作、紙器・段ボール箱製造、プリプレス、印刷、製本、プラスチック成形、強化プラスチック成形、陶磁器製造、石材施工、パン製造、菓子製造、製麺、ハム・ソーセージ・ベーコン製造、水産練り製品製造、みそ製造、酒造、建築大工、枠組壁建築、かわらぶき、とび、左官、築炉、ブロック建築、エーエルシーパネル施工、タイル張り、畳製作、配管、厨房設備施工、型枠施工、鉄筋施工、コンクリート圧送施工、防水施工、樹脂接着剤注入施工、内装仕上げ施工、熱絶縁施工、カーテンウォール施工、サッシ施工、自動ドア施工、バルコニー施工、ガラス施工、ウエルポイント施工、化学分析、金属材料試験、貴金属装身具製作、印章彫刻、表装、塗装、路面標示施工、塗料調色、広告美術仕上げ、義肢・装具製作、舞台機構調整、工業包装、写真、産業洗浄、商品装飾展示、フラワー装飾

15,100円の職種

機械検査、婦人子供服製造

13,300円の職種

和裁、テクニカルイラストレーション、機械・プラント製図、電気製図

学科試験受検手数料

全職種一律:3,100円