技能検定試験

 

技能検定制度は、働く人々等の持っている技能や知識を一定の基準により検定し、これを公証する国家検定制度です。

 

昭和34年に5職種について実施されて以来、現在では131職種について、特級・1級・単一等級・2級・3級の等級別に試験が行われています。

このうち、本県では毎年約70職種を実施公示し、前期と後期に分けて実技試験及び学科試験を実施しています。

合格者には、厚生労働大臣(特級・1級・単一等級)又は青森県知事(2級・3級)から合格証書が交付され、「技能士」の称号が付与されます。

また、外国人技能実習生を対象とした基礎級、随時3級、随時2級の技能検定試験を実施しています。

技能検定試験のお知らせ

受検案内書には受検申請手続き方法、受検手数料、受検資格等を掲載しています。

なお、実技試験受検手数料減額対象者は、“25歳未満の雇用保険被保険者”に変更となりました。

令和4年度『後期』技能検定試験受検案内書

 

(参考)

実技試験計画立案等作業試験(旧ペーパーテスト)、学科試験の正解について

前期、後期ともに最新年度の正解が、中央職業能力開発協会ホームページ内で公表されています。

受検対策用にご活用ください!

技能検定試験問題公開サイト

過去に出題された問題が掲載されています。

なお、掲載されている試験問題等は著作権で保護されているため、本サイトでは、閲覧のみ可能となっています。

※サイト内記載の【随時試験】は、外国人技能実習生等を対象とした試験です。

技能検定学科試験等の練習問題集等

技能検定学科試験等の練習問題集等は、(一社)雇用問題研究会及び中央職業能力開発協会図書センターにて、インターネット販売しています。

技能検定合格証書再交付申請について

紛失又は汚損した場合や氏名に変更があった場合は、県(申請先:商工労働部 労政・能力開発課 職業能力開発グループ)に再交付申請を行うことができます。

詳しくは、こちら(青森県庁ホームページへリンクします)でご確認願います。